smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
Love Tribe
Love Tribe (JUGEMレビュー »)
Jazztronik,Miss Vehna,Monday Michiru,Robert Gallagher,cro-magnon
recommend
ホールディング・バック・ジ・イヤーズ
ホールディング・バック・ジ・イヤーズ (JUGEMレビュー »)
ジミー・スコット,マット・ムニセリ,マイケル・カナン,ブルース・カービィ,パメラ・フレミング
カウンタ
ブログパーツUL5
タグクラウド
Google AdSense
tabelog
BlogPeople
Add Me!! by BlogPeople
sponsored links
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
trackfeed
track feed
search this site.
<< 表参道新潟館にて | main | 陰日向に咲く >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ムートン・ロスシルド

さて。来る3月1日から31日まで、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで、「ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展」なる企画展が行われるらしいです。ついでにワインの試飲会もあるらしい。

シャトー・ムートンと言えば、ボルドーの5大シャトーの一つなのですが、シャトー・ムートン・ロートシルトというのが一般的な呼び方かと思っていました。
実際、「ムートン ロートシルト」でググると168,000件、「ムートン ロスシルド」でググると5,480件のヒット。
Wikipediaでシャトー・ラフィット・ロートシルトの項目を引くと、
日本で知られている「ロートシルト」の名は「ロスチャイルド」のドイツ語風の読みであり、フランス語での発音は異なる。日本ソムリエ協会では「ロッチルド」[3]もしくは「ロートシルト」とルビを振っている。他に「ロスシルド」などと表記されることもある。ただしシャトー・ラフィット・ロートシルトの運営主体であるDBR社では「ロートシルト」という日本語表記を採用している。なお、シャトー・ムートン・ロートシルトはロスチャイルド家の別の系統の一族が所有している。

とある。なるほど。

ロートシルトと名のある通り、ムートンもラフィットもロスチャイルド家の系列の所有らしいです。
ロスチャイルド家と言えば、陰謀史観主義者の方々にはおなじみ?

 しかし、Rothschildの肝心のフランス語式の発音がどうなのかがよく分かりません。

 ワイン好きの方、御教示下さいませ。

では!
ロスチャイルド家と最高のワイン―名門金融一族の権力、富、歴史
ロスチャイルド家と最高のワイン―名門金融一族の権力、富、歴史ヨアヒム・クルツ 瀬野 文教

日本経済新聞出版社 2007-12
売り上げランキング : 4506

おすすめ平均 star
starワインとロスチャイルド家を結ぶ物語

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


JUGEMテーマ:六本木


at 23:10, igcn, グルメ

comments(2), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 23:10, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
ひろ, 2008/03/15 9:10 AM

ボルドーのもっとも有名なシャトーの名前ということで、フランス語の発音に最も近いカタカナ表記が適当かと思われます。私は、ロスシルトまたは、ロッシルトが近いと思います。「チ」の音も「ド」の音も、私には聞こえません。C.I.V.B.(ボルドーワイン委員会)にどなたか問い合わせてはいかがでしょうか。
だいぶ昔になりますが、テニスの全仏オープン(Roland Garros)を、新聞で、ローラン・ギャロとふっていました。その後、ギャロスとフランス語の発音どおりに訂正されましたが、間違いはどんどん直せばよいと思います。

iGCN, 2008/03/15 10:58 PM

ひろさん
コメント頂き有り難うございます。私の行きつけの四谷の某ワインバーのメニュでは、ロトシルドと記載されていました。
言語の素養が無いと難しい問題ですね。
何はともあれ今後ともよろしくお願いします。

 では










trackback
url:http://igcn.jugem.jp/trackback/104